メニューを閉じる ×

ギャラリーフェイク 7巻

価格:605円(税込)

獲得コイン:1%(5コイン)

作者:細野不二彦

対応デバイス: PC、スマートフォン、タブレット

 0 コメント0件

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

商品詳細

▼第1話/天国の窓▼第2話/草原(サバンナ)の巨匠▼第3話/タイムリミット▼第4話/シカゴ「アンダーグラウンド」ブルース▼第5話/ニンベン師▼第6話/落水荘異問(前編、後編)▼第7話/始祖鳥第三標本▼第8話/仁王見参 ●登場人物/藤田玲司(ニュ-ヨ-ク・メトロポリタン美術館元学芸員で贋作専用の画廊、「ギャラリ-フェイク」のオ-ナ-)、サラ・ハリファ(Q共和国の王族の娘で、フジタの秘書)、三田村小夜子(高田美術館館長) ●あらすじ/アメリカのソフトウエア制作会社“マルチメディア社”会長、キルバート・ベイカーは、末期癌の母親が欲しがっている“窓の絵”を探していた。だが、窓がついたどの絵を見せても、母親は違うと首を振るばかりであった。困り果てたベイカーは、フジタに相談をするが…(第1話)▼ティンガティンガ派のンギリという画家と契約を結ぶために、フジタとサラはアフリカへやってきた。しかし、ンギリは、経歴が全く謎の画家で、探しだすことが出来ない。諦めて帰国を決意したフジタに、名の売れた画家の弟子だった男を知っているという情報が入る(第2話)。▼名古屋の桜花組の女組長は、アール・ヌーボーのコレクター。フジタとサラは、彼女に商品を届けに行った。しかし、フジタが今までに届けた商品は全て贋作であることがばれてしまい、組長の逆鱗に触れてしまう。組長の許しを得るために、フジタはある提案をするのだが…(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/ラモス(第4話)、木戸(第5話)、長谷万次(第6話) ●その他データ/世界の美術品~ピエール・ボナール「窓」(第1話)、イコン(聖画像)(第1話)、ルネ・ラリックのコサージュ・ブローチ「蜻蛉の精」(第3話)、エミール・ガレ「茄子型花瓶」(第3話)、エミール・ガレ「ひとよたけ」(第3話)、カポネのライト(第4話)、フランク・ロイド・ライト「落水荘」(第6話)グリューネヴァルト「聖アントニウスの誘惑」(第7話)、奈良東大寺の仁王像(第8話)

作品名:ギャラリーフェイク

提供開始日: 2014年 7月 1日

初版: 1995年

総ページ数: 222ページ

掲載雑誌/レーベル: ビッグコミックスピリッツ

出版社: 小学館

ユーザーの推薦コメント

他の巻

  • 8巻
  • 9巻
  • 10巻
  • 11巻

他の巻をすべて見る

この商品を見ている人はこんな商品を見ています

この商品を見ている人はこんな商品を見ています

カートに戻る