メニューを閉じる ×

ありふれた職業で世界最強 1

価格:759円(税込)

獲得ABSポイント:1%(6ポイント)

作者:白米良

対応デバイス: PC、スマートフォン、タブレット

 0 コメント1件

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

商品詳細

「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」
“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。
クラスメイトが次々に戦闘向きのチート能力を発現するなかで、地味な錬成師となってしまったハジメ。
異世界でも最弱の彼は、クラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまう。
魔物が蠢く絶望のなか、ハジメは最強へ至る活路を開き、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。
WEB上で絶大な人気を誇る異世界ファンタジー小説が、番外編「勝率0パーセントの戦い」も収録されてついに書籍化!

イラスト: たかやKi

作品名:ありふれた職業で世界最強 1

提供開始日: 2015年 6月25日

初版: 2015年

掲載雑誌/レーベル: オーバーラップ文庫

出版社: オーバーラップ

ユーザーの推薦コメント

  • 大和魂

    ※このコメントにはネタバレが含まれています。

    この[ありふれた職業で世界最強]という小説は、主人公が南雲ハジメといういじめられっ子の高校生で、いつもクラスの皆から馬鹿にされていました。そんないじめられるのが当たり前だったハジメがふと、もう、いっそのことコイツら異世界にでも召喚されないかなと呟くと、急に床に魔方陣が描かれ、クラスの皆は異世界に召喚されてしまいます。その異世界では職業というものがあり、その職業が珍しいほどその異世界では強者として扱われ、クラスの皆から頼りにされて楽しく楽に生きていく事が出来るのでした。しかし、いじめられっ子の南雲ハジメは、異世界でもいじめられるのが当たり前のようで、彼の職業は錬成師というごくありふれた職業で、その異世界では生きていく事が難しい職業でした。なのでやはりクラスの皆から頼りにされず、むしろ罵られる毎日でした。そんなある日、何もする事ができない職業の南雲ハジメは、遂にクラスから落とされる時が来るのです。ボス戦の時、その空間にはポッカリと穴があり、そこに落ちると奈落の底へ真っ逆さまという空間でした。ピンチの時、何かしないとと思った南雲ハジメは覚悟をきめ、錬成師というありふれた職業でクラスの皆をピンチから救うことが出来たのです。南雲ハジメがピンチを救っている間にリーダーは作戦をきめ、南雲ハジメ以外の皆は魔法の詠唱を始めました。そしてリーダーが、ハジメに戻れと指示を出し、クラスの皆がボスに向かって魔法を放ち始めました。が、ハジメがクラスのもとへ向かっている途中、様々な魔法の中から一つだけ標的がハジメへ軌道を変え向かっていき、遂にはハジメと接触し爆発しました。そして爆発と爆風でちょうど穴の所に吹き飛ばされ、クラスの皆のピンチを救い、クラスの為に一生懸命足掻いた少年は奈落の底へ„誰か"の悪意によって落とされました。しかし、奈落の少年は生きていたのです。何度も奇跡が重なって。そこで少年は決意します。元の世界へ帰る。その道を阻むものは敵だ。敵はどうする?敵は殺す。殺して喰らってやる。と。   さて、奈落の少年は奈落に落とした„誰か"それともクラスの皆に復讐するのでしょうか。それが知りたい方はありふれた職業で世界最強という小説を読んでみて下さい。私は今6巻を読んでいますが、とてもいい作品です。なので、この先が気になる方、アニメ、小説が好きな方はぜひ読んでみて下さい。

    この[ありふれた職業で世界最強]という小説は、主人公が南雲ハジメといういじめられっ子の高校生で、いつもクラスの皆から馬鹿にされていました。そんないじめられるのが当たり前だったハジメがふと、もう、いっそのことコイツら異世界にでも召喚されないかなと呟くと、急に床に魔方陣が描かれ、クラスの皆は異世界に召喚されてしまいます。その異世界では職業というものがあり、その職業が珍しいほどその異世界では強者として扱われ、クラスの皆から頼りにされて楽しく楽に生きていく事が出来るのでした。しかし、いじめられっ子の南雲ハジメは、異世界でもいじめられるのが当たり前のようで、彼の職業は錬成師というごくありふれた職業で、その異世界では生きていく事が難しい職業でした。なのでやはりクラスの皆から頼りにされず、むしろ罵られる毎日でした。そんなある日、何もする事ができない職業の南雲ハジメは、遂にクラスから落とされる時が来るのです。ボス戦の時、その空間にはポッカリと穴があり、そこに落ちると奈落の底へ真っ逆さまという空間でした。ピンチの時、何かしないとと思った南雲ハジメは覚悟をきめ、錬成師というありふれた職業でクラスの皆をピンチから救うことが出来たのです。南雲ハジメがピンチを救っている間にリーダーは作戦をきめ、南雲ハジメ以外の皆は魔法の詠唱を始めました。そしてリーダーが、ハジメに戻れと指示を出し、クラスの皆がボスに向かって魔法を放ち始めました。が、ハジメがクラスのもとへ向かっている途中、様々な魔法の中から一つだけ標的がハジメへ軌道を変え向かっていき、遂にはハジメと接触し爆発しました。そして爆発と爆風でちょうど穴の所に吹き飛ばされ、クラスの皆のピンチを救い、クラスの為に一生懸命足掻いた少年は奈落の底へ„誰か"の悪意によって落とされました。しかし、奈落の少年は生きていたのです。何度も奇跡が重なって。そこで少年は決意します。元の世界へ帰る。その道を阻むものは敵だ。敵はどうする?敵は殺す。殺して喰らってやる。と。   さて、奈落の少年は奈落に落とした„誰か"それともクラスの皆に復讐するのでしょうか。それが知りたい方はありふれた職業で世界最強という小説を読んでみて下さい。私は今6巻を読んでいますが、とてもいい作品です。なので、この先が気になる方、アニメ、小説が好きな方はぜひ読んでみて下さい。

    >続きを見る

他の巻

  • 2巻
  • 3巻
  • 4巻
  • 5巻

他の巻をすべて見る

この商品を見ている人はこんな商品を見ています

この商品を見ている人はこんな商品を見ています

カートに戻る