メニューを閉じる ×

HATAGO[旅籠] ビッグコミック版 2巻

価格:400円+税

獲得コイン:1%(4コイン)

作者:石ノ森章太郎

対応デバイス: PC、スマートフォン、タブレット

 0 コメント0件

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

商品詳細

激動の江戸時代末期、横浜に名旅籠と評判の「江戸屋」があった!▼第1話/生命の灯▼第2話/夜明けの祭り▼第3話/紅紫の夜明け▼第4話/シャラクサイ アホクサイ▼第5話/茶の道▼第6話/HOTELへのベル ●主な登場人物/一平(江戸屋で働く。ちょっとあわて者)、まり(江戸屋の女将)、東次郎(江戸屋の大番頭)、おひろ(江戸屋で働くかわいい女中) ●あらすじ/漁師の佐次が荒れた海で遭難した挙げ句、江戸屋の近くの浜辺に打ち上げられる。彼は二人の兄と漁に出ている最中に嵐に遭って助かったのだが、兄たちは助からなかった。佐次は行き場のない怒りや悲しみを持て余し、遭難した自分の発見者である異人のジョンに「お前のせいだ」と言って八つ当たりする。しかし、ジョンは佐次のような遭難者を出さないために、ある物を必死に製作中だったのだ(第1話)。▼最近、江戸屋には顔色が悪く、陰気でいつも帰りが遅い泊まり客がいた。彼の正体は脱藩した武士で、反幕の者に近づき、それをお上に密告して謝礼をもらうという、いわばスパイのようなものだった。そして彼は今また、ひとりの男を狙っていた……。ちょうどその頃、医者の神保のもとにひとりの男がやってきていた。彼の名は吉田松陰。神保とは長崎でともに医学を志し、学んだ仲だったのだが……(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/医者・神保あけみ(第1~5話)、吉田松陰(第2話)

作品名:HATAGO[旅籠] ビッグコミック版

提供開始日: 2020年 2月21日

初版: 1996年

総ページ数: 256ページ

掲載雑誌/レーベル: ビッグ ゴールド

出版社: 小学館

ユーザーの推薦コメント

他の巻

  • 1巻

他の巻をすべて見る

この商品を見ている人はこんな商品を見ています

この商品を見ている人はこんな商品を見ています

カートに戻る